2015年 02月 22日
RUMI JUNIOR Gentleman その2 と今日の作業台
前回紹介したRUMI JUNIOR Gentleman 整備完了して試乗も終了、納車準備完了です。
a0208987_1341157.jpg
a0208987_1341539.jpg

それにしても本当にスリムでコンパクトなバイクです。あらためて正面からのショットをご覧ください。
a0208987_13422073.jpg

ほぼすべてがフォークの幅の中に収まっているのがわかると思います、後ろからもご覧ください。
a0208987_13424712.jpg

ほんの少しえらの張ったタンクより狭くすべてが収まっています。これが圧倒的なヒラヒラ感を生みだすのはご覧の方皆様に想像できると思います。これぞビンテージイタリアンスタイルの極みです。
a0208987_13432219.jpg

タンクパッド付きのタンクはオリジナル、絶妙なデザインのえらの張り具合が美しいです。
a0208987_13435189.jpg

おまけショット、ミラーの取り付け。当店では出来るだけ当時の雰囲気を出すためミラーは古い物をこまめに探して使っています。ちなみによくこの時代のイタリア車用のミラーのお問い合わせを頂くのですが、当時のイタリアではミラーはほとんど使われなかったようで、スクーター用のフェンダーに付けるクリップミラー以外にはオートバイ用のミラーというものをほとんど無いのです。
ですので当店はこのようなミラーで出来るだけ本来のイタリアンのスタイルをスポイルしないような感じでこのようなミラーを加工などしながら使用しています。

先日から続いていたRUMIの整備もひと段落して現在はやっと先日イタリアからピストンが到着したモトモリーニSSの修理、早速にご成約いただいた
DUCATI 250 DESMO、Moto Guzzi V7の修理等進めていますが、今日作業台の上には新たにこのバイクが上がりました。
a0208987_1344233.jpg

MV AGUSTA 175 CS 通称”ディスコボランテ”です。今回はエンジン分解や電装のアップデートも含めたトータルでの整備です。
a0208987_134514.jpg

早速エンジンを分解開始、へアピンスプリングを使ったOHCエンジンは同じOHCのCSTLより一回り大きいです。
a0208987_13452878.jpg

50年代中期の雰囲気があるいかにも内燃機といった仕上げの部品が店主は大好きです。
このように色々な車両の作業並行して行っています。
春のいい時期に皆様に乗って頂けるよう頑張って作業しますのでお待たせのお客様もう少々お待ち下さい。

by batmci | 2015-02-22 14:30 | 仕事 | Comments(2)
Commented by わかばやしまさのり at 2015-02-25 08:41 x
こんにちは

わかばやしと申します。

お聞きしたいことがあります。

TOMMASELLIのセパレートハンドル(当時物)・35パイを

探しているのですが、現在在庫はございますか?
Commented by batmci at 2015-02-28 17:16
若林様 
お問い合わせありがとうございます、お返事が遅れまして失礼いたしました。在庫の方を探しましたが、残念ながら35mmのトマゼリ製セパレートハンドルはございませんでした。お力になれず申し訳ありませんが今後ともよろしくお願いします。


<< Maserati 50 T2/SS      今日の作業台 RUMI JUN... >>