2016年 06月 06日
MV AGUSTA 125 TR
少し前のブログでちょこっとだけ紹介したMV AGUSTA 125 TRが綺麗に磨かれて店頭販売となりました。
a0208987_13191984.jpg

a0208987_13192773.jpg

1950年代前半の物と思われるこのMV AGUSTA 125 TR、シートの表皮とハンドル、テールランプ以外は全くのオリジナルを保った車両です。
a0208987_13195357.jpg

a0208987_13195962.jpg

特に多少のやれはあるものの色抜けのしやすい赤やオリジナルニス貼りのタンクデカール、フレームのペイント等とても綺麗に残っていてかつ年代を感じさせる素晴らしい状態です。タンクキャップはあまり合っていない社外の物が付いていたので当時物のREXを装着しました。
a0208987_1319362.jpg

a0208987_13194472.jpg

エンジンはOHVの125cc、デロルトのキャブはとても綺麗で新品のようですが、こちらもオリジナル。
小さなところではMVの場合特殊なピッチのガソリンコックが使われているのですが、こちらもその例にもれず汎用のM10P1.0のコックがそのまま使えないためオリジナルのコックをレストアして使用。キャブレターもOH済みです。
エンジンのコンディションはパーフェクトとは言いませんが、アイドルや吹け等安定していてとりあえずは乗って頂ける感じです。
a0208987_13201019.jpg

マフラーもオリジナルが綺麗に残っています。
a0208987_13201930.jpg

a0208987_13203195.jpg

オリジナルではないといってもこちらは60年代のトマゼリのハンドルが付いています。アップハンドルは当時、オフロードというわけでなくファッションで流行っていたようです、ハンドルブレースのデザインが凝っていて時代を感じさせます。
a0208987_132041100.jpg

a0208987_13204819.jpg

テールランプは後付けのストップランプを付けるために変えられたと思われる50年代後半のCEV製、お好みで小さな物にも変えることはできますが、とても馴染んでいるのでこちらはこのままの方が良いと思います。
オリジナルコンディションでこれほど良い状態で残っている車両は昨今稀です、最近はやりのエイジングやダメージ風でなく、本物の時代を感じる物をお求めの方是非一度ご覧ください。

by batmci | 2016-06-06 13:43 | バイク | Comments(0)


<< 3台のMotobi 250SS      今週の作業台。 >>