<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2013年 12月 26日
皆様今年もお世話になりました
今年の営業も明日で終了ですが、現在の仕事の進捗を少しご報告。
a0208987_17313112.jpg

Parilla250、電装、キャブも付いて形になってきました。
年明けからエンジン始動です。
a0208987_17324662.jpg

Mondial160、本日ぎりぎりでブレーキライニング到着、こちらも年明けから組立ます。
a0208987_1734795.jpg

Moto Morini 175SS、シリンダーヘッド溶接加工終了、これからまだ加工入ります。
a0208987_17352122.jpg

Moto Guzzi V7 スクリーン取付け完了、年明けから試乗点検始めます。
この他にも部品待ちや製作部品待ちの車両が数台ございますが、それぞれ少しづつ作業進行しております。
当店の営業は27日まで、28日から1月6までお休みいただき新年は7日より営業です。
今年も皆様のご愛顧誠にありがとうございました。
来年も引き続きのご愛顧頂けるよう努力いたしていきますので皆様よろしくお願いいたします。
それでは皆様良いお年を!

by batmci | 2013-12-26 17:59 | 仕事 | Comments(2)
2013年 12月 22日
ИЖ Юпитер 3
当店たまに凄く辺境なバイクが入ってきますが、今回のはその中でも極北のバイク、”ИЖ Юпитер 3” のご紹介。
a0208987_15291983.jpg

ИЖ Юпитер 3と書いても解らないと思うので英語で書くと IZH Jupiter3 というバイク。
1970年式ソ連製バイク、Made in ”USSR” です。
a0208987_1533257.jpg

a0208987_15333782.jpg

エンジンは2ストロークツイン、多分同じ共産圏だったチェコのJAWAをモデルにしていると思われるエンジンです。
ただ、何やら少し大きいというか、車体も含めて全体が1.2倍に引き伸ばしたように大きい造りになっています。
今までに何度かベスパやゴッコのソ連のコピーバイクを見たことがありますが、それらと同じ感じ、妙に大きいです。
おや、っと思ったのはキャブレター、なんとフラットバルブです。だのに発電がダイナモと、1970年代としては古いというかある意味コストの掛かった造り?でしょうか。
外観を見ると、
a0208987_16503270.jpg

a0208987_16293876.jpg

a0208987_1633177.jpg

ハンドル幅は結構広め、シンプルなライト回り。メーターの文字盤がいい感じです。
a0208987_1641345.jpg

a0208987_16295383.jpg

フロントフェンダーとタイヤの間隔が走る環境を示しています。板金物はしっかりいい鉄板使っていると思われます、とっても硬いです。
マフラーは意外とシュッと細め、チェーンケースはアルミダイキャストとラバーの密閉構造。
a0208987_16334583.jpg

シートの真ん中に生えているグリップはなんと鉄パイプにゴムを被せた超頑丈仕様。凄いデザイン。
a0208987_1635555.jpg

タイヤはオリジナルか?made in USSR
ロシア製というとなんとも野暮ったい感じを受けると思いますが、よく各部を見ているとなかなか丁重で綺麗な造りをしているところもあります、メッキなども時代を考えると綺麗な仕上げです。
a0208987_16393441.jpg

a0208987_16394672.jpg
a0208987_16395753.jpg

と、サビはあるもののオリジナルでいい状態を保っています。付属の車載工具もしっかりした造りの物が付いていたりします。もちろんmade in USSR としっかり刻印されています。
店主普段は小柄で華奢なイタリアンバイクばかり見ていますが、バイクを点検掃除しながら、たまにはこんなおおらかなバイクに乗ってみるのも面白いなと思いました。
まず、もう2度と入ることないと思うソ連製バイク、普通の物では飽き足らない方、ロシア製の物が好きな方、
滅多にないチャンスですので是非ご検討ください。
実物見るとほんと面白いというか感心するバイクです、ぜひご覧になるだけでもと思います。

by batmci | 2013-12-22 17:12 | バイク | Comments(0)
2013年 12月 13日
イタリアンの鍵いろいろ
先日お客様からイタリアンバイクのキーお問い合わせいただきました。
具体的な車名をお教えいただきましたが、それだけでは本当合うカギが特定できませんでした。
何故かというと古いイタリア車の鍵は大体似たような形と思われますが、実はこれぐらいはあるのです。
a0208987_1275073.jpg

よく似た形の物が多いのですが、棒の直径や長さ、ピンの大きさや位置、あと先端の形状、根元部分の形状などすべて違う物です。
まずはほとんどの車両に使われているCEVとApriliaですとこちらになります。
a0208987_12114015.jpg

上がCEV、下がApriliaの物。太さや形状に差があるのがわかります。
大体はこの4本のどれかが合致します。
少し種類別に紹介すると、キーを刺してそれがライトスイッチノブになる物はこちら。
a0208987_1215233.jpg

これだけ種類があります。
そしてイグニッションスイッチのみの機能の物はこちら。
a0208987_12155027.jpg

こちら下の二つはデザインが違う同じものですが、その他はほぼ同じようですが微妙な違いと棒の直径で合う合わないがあります。
その他としてはこんなのも。
a0208987_1220616.jpg

a0208987_12232547.jpg

一つだけMotoGuzziAironeのツールボックスキーが混じってしまいました(苦笑)
と、このように色々とございますのでご注文の際はヘッドライトメーカーとキーの位置、穴の直径やそのカギがライトスイッチも兼ねるのかなどの情報いただけますと間違いが少なくなると思います。
これらのキーはできるだけ在庫しておりますので、一部除いて決してレアなものではありませんから、スペアキーなどお気軽にお問い合わせくださいませ。

by batmci | 2013-12-13 12:39 | パーツ | Comments(3)
2013年 12月 05日
2台のCyclemaster
前に入荷していたものの、点検する時間が無くて展示のみしていたイギリス製自転車バイクCyclemaster
お待たせいたしました、やっと店頭販売です。
a0208987_1623051.jpg

まずはPhillipsの方から。
a0208987_16234944.jpg
a0208987_16235894.jpg

フレームの塗装などオリジナル状態をよく保っています。
クランクの抜き文字が当時のイギリス車を感じます。
a0208987_16245255.jpg

ハンドルやステムもフィリップス製のままです。
a0208987_1627399.jpg

ヘッドライトはLucas製、とても雰囲気があります。
a0208987_16283430.jpg

ヘッドのマークもそのまま、綺麗に残っています。
a0208987_16291045.jpg

エンジンは2ストローク32cc、0.8bhp/4500rpm、最高速度は20mile/hとなっています。
a0208987_16391261.jpg
a0208987_16392177.jpg

とてもいい感じのコンディションなのですが、一点だけ、前オーナーにてガソリンタンクが移動されています。
それだけが少し違和感ありますが、オリジナルタンクは綺麗に残っているので、後々手を入れる楽しみということにして笑)

そしてもう一台のBSAはこちら。
a0208987_16455630.jpg

a0208987_1646439.jpg

フレームはストーブエナメルにて塗装済み、フロントのガーターフォークがとてもいい感じです。
a0208987_16532850.jpg

a0208987_1654286.jpg

ハンドル回りもやわらかい曲りがいい感じ、大型のベルはLucas製。
a0208987_16555462.jpg
a0208987_16561953.jpg

絶妙な丸みのライトもLucas製、ライトレンズの文字もグッド。
a0208987_16581175.jpg

こちらも上のPillipsと同じ32ccのエンジンです。
a0208987_16591232.jpg
a0208987_16592030.jpg

同じくガソリンタンクは上に移設、それ以外は状態もよく綺麗な一台です。

こちらのサイクルマスターはクラッチも付いていますから、ローラーでタイヤを回すタイプの自転車バイクより
実用性がありますので乗って楽しむのには良い一台だと思います、ぜひご覧くださいませ。

by batmci | 2013-12-05 17:08 | バイク | Comments(0)