<   2016年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2016年 11月 25日
今週末は
今週末に千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されるSIDEWAY TROPHYに出場するMotobi 250と175コルサ整備完了です。
a0208987_17331852.jpg
Motobi 250 Corsa Sei tranti
a0208987_17324148.jpg
Motobi 175 Corsa
a0208987_17334986.jpg
前回のSIDEWAYの時に整備は終わっているので軽い点検とキャブレターセッティング変更のみで整備完了。
24日の雪の日は気温が低すぎ、エンジンスターターがパワー不足でエンジンが掛けられなくちょっと焦りましたが、今日は気温も若干上がり無事始動確認OK。後は当日の天気が良い事祈るばかりです。
a0208987_17342977.jpg
そんな中お客様のご注文品ですがこんなモノが入荷。メナー二製フォンタナレプリカマグネシウムドラムブレーキ。
一番大きな250mmと125ccクラス用の180mm、ともにいい仕事してくれそうです。組み込まれるバイク達に思いが広がりますね。



by batmci | 2016-11-25 17:55 | 仕事 | Comments(0)
2016年 11月 23日
Motobi 125 Ardizio
とても良いオリジナルコンディションを維持したMotobiの2stモデルArdizio125が入荷しました。
a0208987_12572021.jpg
a0208987_12574676.jpg
モトビの初期量産車の中で主力機種で商業的にも成功したのがこのArdizio125です。現車は日本で3人のオーナーにて大事に乗り継がれていた車両で、ほぼ当時のままのオリジナルコンディションを保っています。皆様大事にされていたので塗装なども50年代初期のオリジナルとしては驚異的にいい状態を保っています。オリジナルのごく薄のラッカーペイントは一部クラックはありますが、いまだにとても良いビンテージ感のある艶があり、メッキのやれ具合やアルミの輝きなど素晴らしいです。機関の状態もとても良く、エンジンに異音は無く、始動性やアイドル、吹け上がり等安定していて本当に普通に乗っていただけます。
a0208987_12581783.jpg
a0208987_12585702.jpg
エンジンは2ストローク125cc、卵型の水平シリンダーエンジンはこれ以降のモトビのデザインの元になりました。
a0208987_12593109.jpg
キックアームがチェンジペダルと同軸にあるのも初期モトビの特徴です。
a0208987_13000697.jpg
まさに魚のようなフィッシュテールのマフラーはこの時代ベネリなどにも使われたデザイン。オリジナルです。
a0208987_13005023.jpg
スイングアームはプレスの部品を組み合わせて作られた物でとても凝った作りです。
a0208987_13012110.jpg
スワローハンドルで適度に前傾したポジションはとても自然です。ハンドル真ん中のステアリングダンパーノブもオリジナルです。
a0208987_13014657.jpg
メーターはCEV製でモトビのロゴの入った専用品です。なかなかこの状態で残っているのは少ないです。
a0208987_13021140.jpg
ディマー・ホーンスイッチはアプリリア製でこれも当時の物です。グリップも車外と思われますが50年代の物が付いています。
a0208987_13024074.jpg
当時のオリジナルデカールが綺麗に残ったタンクはペイントも含めて極上の状態です。
a0208987_13031132.jpg
シートは純正のプレステージ製で貴重なプレートも残っています。さすがに表皮に破れがありますがあえてオリジナルのまま残しています。
a0208987_13033976.jpg
テールランプは50年代後期に法令化されたストップランプに対応して替えられています。
a0208987_13040495.jpg
a0208987_13042910.jpg
最近は車検のないビンテージバイクをお探しの方が増えていて当店でもちょうど良いという感じの車両はすぐ決まってしまいます。特に任意保険が車の特約で安く加入できたり、自賠責や税金のどの維持費が安価な125ccクラスは高速道路に乗り入れないと割り切ってしまえば一般道では十分な動力性能があって楽しめる車両としてこのクラスは人気上がってきております。ただ、小さいバイクほど乱暴に扱われ綺麗に残っている車両は少なくなかなかいい車両探すのは大変です。このように履歴がしっかりしていて状態の良い車両はあまり出ませんのでご興味の方是非一度ご覧ください。





by batmci | 2016-11-23 14:15 | バイク | Comments(0)
2016年 11月 21日
第三回さいたまちっちゃいものツーリング
今年で3回目になる125cc以下のバイクをメインにしたプチツーリングイベント、さいたまちっちゃいものツーリングが開催されました。
a0208987_11374231.jpg
もともと50ccや40年代の小排気量などの小排気量ビンテージバイクを楽しく走らせるため高低差があまりない緩やかで見通しの良い埼玉県吉見を起点にして始まったこのイベント、あまりビンテージにこだわらずちっちゃいバイクならOKということで新旧色々なバイクが一緒に走る楽しいイベントなってきて今回で3回目になります。
今年も40年代のフランス車やイタ車、50ccのモペッドからヴェスパ、ランブレッタやラビットなどのスクーター、モンキーやCB93などバラエティに富んだ車両が集まりました。
a0208987_11514472.jpg
当日は朝はあいにくの深い霧、予報では暖かくなるとの事でしたが結構寒かったです。
a0208987_11515866.jpg
a0208987_11521584.jpg
道の駅吉見を出発して森林公園を通って吉見百穴で昼食。
a0208987_11523631.jpg
イタリアンやフレンチのピッコロバイクやヴェスパ、ランブレッタなどのイタリアンスクーター

a0208987_11531299.jpg
ラビット、ベルネグ、Motom48、CBとバラエティに富んだ車両が参加しました。

a0208987_11533235.jpg
こちらはモンキー軍団。皆さん思い思いのカスタムがされていて見てて楽しいです。

a0208987_11542237.jpg

主催者の準備とオーガナイズのおかげで迷子や故障車など一台も出ずツーリングは無事終了。また来年を楽しみに解散いたしました。
参加者の皆さままた来年もよろしくお願いいたします。また、このイベントにご興味のj方、気軽なイベントですの来年の参加お待ちしています。




by batmci | 2016-11-21 12:27 | イベント | Comments(0)
2016年 11月 19日
ISO Scooter 125
当店初入荷の個性派スクーターISO Scooter 125です。
a0208987_12104800.jpg
a0208987_12111689.jpg
ISOと言えば車ではISOグリフォなどのスポーツカーやバブルカ―の中で有名なBMW IsettaのオリジナルモデルISO Isettaを作ったメーカーとして有名ですが、
バイクでも2ストロークスプリットシングルという特異なエンジンを搭載した色々なモデルを作っていました。
その中でもオートバイ製作初期に作られたのがこのISO Scooter 125です。
a0208987_12120263.jpg
a0208987_12130682.jpg
a0208987_12134062.jpg
このISO Scooterの特徴は何と言ってもこのエンジン。ただの強制空冷2ストロークエンジンでなく
燃焼室が繋がったツインシリンダーをY字型のコンロッドで2つのピストンが上下するという特殊な物です。
a0208987_12140788.jpg
上から見るとシリンダーヘッドが前後に長く、二つのピストンが入っているのだなというのが判ると思います。
ツインピストンやY字コンロッドなど複雑な構造のように思われますが動きはいたってシンプルで掛ってしまうと逆にスムーズな吹け上がりのエンジンは上品で、
当時何故このような方式のエンジンを考えたのかが判ります。
a0208987_12154216.jpg
a0208987_12163171.jpg
a0208987_12160954.jpg
ハンドル回りはシンプルな作り。それでもスピードメーターにイエーガ―を使うところは凝っています。
a0208987_12170211.jpg
ルーバーの切られた薄い鉄板のボディの作りはとても良くてサイドパネルの取り付け方もしっかりしています。
a0208987_12172881.jpg
a0208987_12175884.jpg
a0208987_12182814.jpg
a0208987_12185439.jpg
当時としてはスクーターとしては大きな12インチタイヤを採用していたり幅広なボディで低いシート高などボディも当時のスクーターとしては個性的な作り、
流れるようなボディラインは1940年代後半から50年ごろのイタリアの雰囲気があるとても美しくイタリアらしいデザインです。
最近日本製の古いスクーターなども人気が上がっているようですが当店ではこのような当時の雰囲気あふれたイタリアン鉄スクーターをご紹介していこうと思っています。

2016/11/25ご成約ありがとうございます



by batmci | 2016-11-19 18:48 | バイク | Comments(0)
2016年 11月 14日
Laverda 75 Sport
当店でも本当に久々に入荷したラベルダ75スポルトをご紹介。
a0208987_14140194.jpg
a0208987_14145798.jpg
50年代初期のピッコロイタリアンを代表するLaverda 75 こちらはその中でもアルミリムや大径キャブ、ダウンハンドルが付いたSportになります。
a0208987_14174188.jpg
a0208987_14162238.jpg
一見2ストロークのような造形のエンジンは4ストロークOHVの75cc、ギアボックスは3速です。ラベルダのエンジンは吸気と排気カムがクランクを挟んで左右に分かれて別のギアで駆動されたり、プッシュロッドがヘッドとシリンダーの中で分割式になっていたり、ケース加工が複雑だったりと独創的で、あまりコストの事を考えずに設計者の個性が前面に出て作られていた50年代初めのイタリアンらしい造りのエンジンです。
a0208987_14183074.jpg

a0208987_14180317.jpg
キャブレターはノーマルの15mmに対して1mm大きい16mmのデロルトが付いています。
a0208987_14155411.jpg
ハンドルはラベルダの専用取り付け方の専用品。ノーマルはアップハンドルでスポルトはダウンハンドルです。これがコルサになると更に下がってトップブリッジの下から出てくるモノになります。当時のオプションであったメーカーのロゴ入りメーターも付いています。
a0208987_14164277.jpg
LAVERDAのマークがプレスされたタンクは一部メッキでこちらもスポルトの仕様でオリジナルです。小さなプラスチック製のタンクキャップもオリジナル。
a0208987_14190276.jpg
シートもやれはあるもののオリジナルの表皮がちゃんと残っています。
a0208987_14193096.jpg
テールランプはストップランプが義務化された後に変えられた物です。当時から残っているバイクにはよく有る仕様です。
a0208987_14171231.jpg
マフラーは凹みやキズありますがこちらもオリジナルの物です。この固体の大きなポイントはやはりアルミリムが残っているところです。
リプロダクトがない20インチのアルミリムは大変貴重なパーツです。
a0208987_14152149.jpg
a0208987_14142873.jpg
50年代ラベルダと言えばこの75が一番有名なバイクかと思いますが、意外とイタリアでも残っている車両は少なく、当店でも最後に販売したのはもう10年以上前に販売したのが最後で以降一台も入荷がありません。ピッコロイタリアンでお手軽な価格の車両をお探しだった方、少しづつ手を入れていけばとても良い車両になると思いますので是非ご検討ください。



by batmci | 2016-11-14 14:58 | バイク | Comments(0)
2016年 11月 14日
イタリアから新入荷。
今月にイタリアから新入荷があってそちらの点検やクリーニングや来週に迫ったちっちゃいものツーリングに向けての整備等忙しくさせていただいております。
今の店頭はこんな感じ。
a0208987_13454419.jpg
まだホームページ上に上がっていない新入荷の車両もちらほら見えます。来ていただくといい事あるかもしれません(笑)
a0208987_13463634.jpg
こちらはカスタムや修理中等整備待ちの車両。部品待ちなどが多くお待たせしてご迷惑おかけしています。
a0208987_13474117.jpg
こちらも修理待ちや納車待ちの車両。カバーがかぶっているのは内緒の車両です。
a0208987_13471332.jpg
国産車も沢山入荷してきましたがこちらは少し落ち着いてきました。そんな中にやはりこれから販売というイタ車もちらっと。
a0208987_13481129.jpg
こちらは納車整備終わって登録待ちの車両たち。後ろのアイローネは新入荷車両です。
とこんな感じの店内ですが、来週はちっちゃいもの、再来週はSIDEWAY TROPHYとイベントが続き週末留守にしますが
がんばって作業進めていきますのでお待ちのお客様にはご迷惑おかけしましますがよろしくお願いいたします。
そしてこんな車両も順次紹介予定です、お楽しみに!
a0208987_15121162.jpg
a0208987_15124745.jpg





by batmci | 2016-11-14 14:07 | 仕事 | Comments(0)