<   2017年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2017年 11月 30日
準備完了。
今週末12月3日に行われるサイドウェイトロフィーへの準備とりあえず完了。
a0208987_18085868.jpg
マフラーをオープンメガフォンからスタンダードに交換したRUMI125 Gobetto Specialとヘッド周りの改良を行ったCapriolo75 Corsa
a0208987_18090613.jpg
ワークスと同じタイプのヘッドを装着してあるAermacchi Ala'd'Olo 初めてのサーキット走行なので念入りに整備。アンダートレ―も取り付け
現代のレギュレーションに合わせました。ちなみにこのアンダートレイなんとノートンマンクス用。少し加工しましたが、いい感じで違和感なく取り付けられたと思います。
a0208987_18091393.jpg
そしてこちらも初走行のMotobi Corsa Sei Tiranti マフラーを現代のレース仕様に交換して準備完了。
当日は天気も良さそうなので楽しみです。



by batmci | 2017-11-30 18:17 | 仕事 | Comments(0)
2017年 11月 17日
レースモード突入。
SIDEWAY TROPHY December 2017 に向けて作業台はレースモードに突入です。
今回は3台のバイクが出走予定の為全部のランプがレーサーで埋まっています。
a0208987_11544735.jpg
a0208987_11545926.jpg
こちらは超爆音のオープンメガホンをノーマルのサイレンサーに交換して公道も走行可能に作業中のRUMI125 
騒音規制の厳しい袖ヶ浦フォレストレースウェイでも走行できるようになります。
a0208987_11550830.jpg
ワークスタイプのヘッドを積むAermacchi ala'd'Olo 250は今回初走行に向けて整備中。キャブのサイズやセッティングから見てもかなりのパフォーマンスを発揮しそうで楽しみです。
a0208987_11552408.jpg
そして今回のハイライトはこのバイク。
a0208987_11551710.jpg
現代のクラッシックレースを走るための仕様でとある日本人オーナーがオーダーして長年掛って製作されたMotobi sei tranti
事情があって長年イタリアで保管されていましたが、今回のレースに合わせて航空便でやっと日本に到着。
新しいオーナーのもとで走りだします。この車両は故プリモ・ザンザーニさんが存命中に作られた最後の車両ということでも重要な一台です。
a0208987_11585276.jpg
Ready to Raceということで入ってきたのでそのままでも走行可能ですが、
念のため日本のレースレギュレーションに合わせるための作業開始。
来週はイタリアからの入荷や関西出張などもあるので出来るだけ前倒しで作業進めてまいります。




by batmci | 2017-11-17 12:15 | 仕事 | Comments(0)
2017年 11月 11日
Moto Guzzi V7 Sport 入荷。
久々にオールドグッチの中でも誰もが憧れる一台、Moto Guzzi V7 Sport が入荷。
a0208987_14381417.jpg
a0208987_14382612.jpg
V7スポルトは、それまでのループフレームからリノ・トンティが新設計したフレームを採用し、
重心化を図るためにそれまでのダイナモ発電器を背負うエンジンからAC発電器に変更されたエンジンを搭載。
このデザインは後に長きにわたって続くモトグッチVツインの基本デザインとな重要なモデルです。
と、ご説明しましたが、スペックなどは御存じの方がほとんどと思いますので現車のコンディションをご紹介いたします。
今回ご紹介する車両はUS仕様、年式は1973年、日本での初年度登録が1990年、前オーナー様にて大事に乗られていた車両です。
車検は今年8月に取得しておりますので平成31年8月までの車検付き。全体のコンディションはほぼノーマル、
エンジンはノーマルの状態で大きなダメージも無く良い状態だと思います。
a0208987_14384031.jpg
a0208987_14385020.jpg
a0208987_14390231.jpg
a0208987_14401569.jpg

a0208987_14402724.jpg
a0208987_14403997.jpg
エンジン回りはスッキリとしていて小さな傷はあるものの、しっかりと大事にされていたであろう思われる綺麗なコンディションです。
電装系がダイナのトランジスタに変えられている以外はほぼノーマルです。
a0208987_14405124.jpg
メーター周りのコンディションも良いです。ウインカーは日本で取り付けられた物です。
a0208987_14410147.jpg
トマゼリのレバーやデイトナスロットル、オリジナルのワッフルグリップ、CEV169スイッチなどハンドル回りもとてもいい状態です。
a0208987_14411146.jpg
US仕様なのでマイルメーターとなっています。距離は24208マイル。インジケーターランプのステッカーも良く残っています。
a0208987_14413416.jpg
a0208987_14412311.jpg
a0208987_14414415.jpg
タンクとサイドカバーはリペイントされています。キズやへこみも無し、凄く綺麗な状態です。
a0208987_14415251.jpg
シートも破れややれも無くとても良い状態です。
a0208987_14420534.jpg
シャークフィンマフラーももちろんオリジナル。
a0208987_14421771.jpg
テールレンズがライトケースに覆いかぶさっているUS仕様のテールレンズもしっかり付いています。
a0208987_14423021.jpg
a0208987_14424256.jpg
今まで前オーナーにて大事に乗られていた車両で車検もほぼ二年弱残っていて、
簡単な整備点検で即乗り出し出来そうなコンディションです。
乗られれている方がなかなか手放さないためなかなか売り物が出ない車両です。お探しの方是非ご検討ください。
2017/12/6ご成約ありがとうございます



by batmci | 2017-11-11 15:39 | バイク | Comments(0)
2017年 11月 05日
第四回さいたまちっこいものツーリング。
埼玉県北部の吉見周辺を小さなオートバイで走ろうというゆるいイベント、さいたまちっこいものツーリングを今年も開催します。
a0208987_11335811.jpg

集合場所 :「道の駅 いちごの里 よしみ」
http://www.ichigonosato.com/

時間: 10:00集合 10:30出発 14:00頃に解散予定

参加条件: 子供の心をもった紳士淑女のバイク乗り。

昼食場所: ヒルトップ ファームhttp://www.hilltopfarm.jp

吉見付近をゆっくりと走りお昼を頂いて解散というのんびりした集まりです。
一応125cc以下の少し古いバイクという事ですが本当にゆっくり走るのをご理解いただければ
車種は問いませんのでお気軽にご参加お待ちしております。


by batmci | 2017-11-05 11:35 | イベント | Comments(0)
2017年 11月 03日
今日の作業台。
11月に入って今年もう残り2カ月ということで今年もあっという間に過ぎてしまった感がある店主です。
秋のイベント、モトイタリアーノも終わり、あと残るイベントは11月19日にある”さいたまちっちゃいものツーリング”
と12月3日に行われるサイドウエイトロフィーで今年も終了です。そんな中イベントに向けての作業や修理、
納車整備で相変わらず忙しくさせていただいております。
a0208987_18175840.jpg
こちらはエンジンのオイル漏れ他でお預かりしたモトビ250SS、モトビは作業性が良いのでとりあえずここまではささっと分解。
必要な部品の手配をして部品待ちとなりました。
a0208987_18185047.jpg
納車整備中のマイコレッタ、一回目の試乗も終わり、少し気になるフロントブレーキ回りを分解整備です。
乗った感じは、安定感がありクイックでは無いけどスピードに乗る感じがさすがドイツ車という感じです。
a0208987_18183484.jpg
ご契約頂いていたもののペイントの補修作業で待ちになっていたモトグッチアイローネ、塗装が上がってきて
作業開始です。
a0208987_18185930.jpg
ストロネロ・レゴラリータはオンロード向きにタイヤを交換。前後19インチなので当店取り扱いのICTタイヤを装着しました。

a0208987_18191622.jpg
MI-VAL175SSはエンジンの点検で入庫。簡単にチェック後試乗して問題点を確認、細々とセッティングなど変更して
組み上げ完了。
a0208987_18190603.jpg
一緒にこの間の出張で仕入れてきた50年代MI-VALロゴ入りのVDOメーターを装着。メーターがいいとやはり締まります。
a0208987_18175078.jpg
納車に時間が掛っているスプリングラスティング200、エンジン腰上OH終わったところでラバーマウントになっているエンジンマウントの劣化を発見。エンジンを下ろしました。
a0208987_18194304.jpg
なかなか見れないエンジンマウント部、下側4個、上側1個の5点でエンジンを支えるようになっています。


a0208987_18033765.jpg
こちらがエンジンマウント。なんと日本の規格でドンピシャの物がありました。安心の日本製です。
a0208987_18034809.jpg
補機類が付いていないスプリングラスティングのエンジン。とても60年以上前のエンジンには見えない綺麗なデザインです。
a0208987_18035678.jpg
a0208987_18040512.jpg
a0208987_18041471.jpg
調子に乗って一杯写真を撮ってしまいました。
a0208987_18042292.jpg
その後順調に組み上がりエンジン始動確認。エンジンマウントがしゃきっとしてピストンも新品、とてもいい感じのエンジンになりました。
これで慣らし運転後最終点検してもうすぐ納車出来そうです。




by batmci | 2017-11-03 18:38 | 仕事 | Comments(0)