2017年 11月 05日
第四回さいたまちっこいものツーリング。
埼玉県北部の吉見周辺を小さなオートバイで走ろうというゆるいイベント、さいたまちっこいものツーリングを今年も開催します。
a0208987_11335811.jpg

集合場所 :「道の駅 いちごの里 よしみ」
http://www.ichigonosato.com/

時間: 10:00集合 10:30出発 14:00頃に解散予定

参加条件: 子供の心をもった紳士淑女のバイク乗り。

昼食場所: ヒルトップ ファームhttp://www.hilltopfarm.jp

吉見付近をゆっくりと走りお昼を頂いて解散というのんびりした集まりです。
一応125cc以下の少し古いバイクという事ですが本当にゆっくり走るのをご理解いただければ
車種は問いませんのでお気軽にご参加お待ちしております。


# by batmci | 2017-11-05 11:35 | イベント | Comments(0)
2017年 11月 03日
今日の作業台。
11月に入って今年もう残り2カ月ということで今年もあっという間に過ぎてしまった感がある店主です。
秋のイベント、モトイタリアーノも終わり、あと残るイベントは11月19日にある”さいたまちっちゃいものツーリング”
と12月3日に行われるサイドウエイトロフィーで今年も終了です。そんな中イベントに向けての作業や修理、
納車整備で相変わらず忙しくさせていただいております。
a0208987_18175840.jpg
こちらはエンジンのオイル漏れ他でお預かりしたモトビ250SS、モトビは作業性が良いのでとりあえずここまではささっと分解。
必要な部品の手配をして部品待ちとなりました。
a0208987_18185047.jpg
納車整備中のマイコレッタ、一回目の試乗も終わり、少し気になるフロントブレーキ回りを分解整備です。
乗った感じは、安定感がありクイックでは無いけどスピードに乗る感じがさすがドイツ車という感じです。
a0208987_18183484.jpg
ご契約頂いていたもののペイントの補修作業で待ちになっていたモトグッチアイローネ、塗装が上がってきて
作業開始です。
a0208987_18185930.jpg
ストロネロ・レゴラリータはオンロード向きにタイヤを交換。前後19インチなので当店取り扱いのICTタイヤを装着しました。

a0208987_18191622.jpg
MI-VAL175SSはエンジンの点検で入庫。簡単にチェック後試乗して問題点を確認、細々とセッティングなど変更して
組み上げ完了。
a0208987_18190603.jpg
一緒にこの間の出張で仕入れてきた50年代MI-VALロゴ入りのVDOメーターを装着。メーターがいいとやはり締まります。
a0208987_18175078.jpg
納車に時間が掛っているスプリングラスティング200、エンジン腰上OH終わったところでラバーマウントになっているエンジンマウントの劣化を発見。エンジンを下ろしました。
a0208987_18194304.jpg
なかなか見れないエンジンマウント部、下側4個、上側1個の5点でエンジンを支えるようになっています。


a0208987_18033765.jpg
こちらがエンジンマウント。なんと日本の規格でドンピシャの物がありました。安心の日本製です。
a0208987_18034809.jpg
補機類が付いていないスプリングラスティングのエンジン。とても60年以上前のエンジンには見えない綺麗なデザインです。
a0208987_18035678.jpg
a0208987_18040512.jpg
a0208987_18041471.jpg
調子に乗って一杯写真を撮ってしまいました。
a0208987_18042292.jpg
その後順調に組み上がりエンジン始動確認。エンジンマウントがしゃきっとしてピストンも新品、とてもいい感じのエンジンになりました。
これで慣らし運転後最終点検してもうすぐ納車出来そうです。




# by batmci | 2017-11-03 18:38 | 仕事 | Comments(0)
2017年 10月 23日
台風一過試乗三昧。
台風一過の今日はここのところの長雨と台風の間に作業していたバイク達をまとめて試乗。
a0208987_15453133.jpg
先日契約頂いたラベルダはケーブル類交換、ブレーキシュー張替、ヘッド周り整備その他完了で一発目の試乗。
久々にラベルダ75に乗りましたが姿勢を低く構えて3速のギアをうまく使って走るのが何とも楽しいです。
ストレートカットギアのカムギアの唸り音もレーシーな雰囲気の音で気分が乗ります。
真ん中のルーミー125ビキャブレトーレはかなりスパルタン。ツインキャブでガスを多く吸うため、ラフなアクセルワークは厳禁。
それでもうまく車速とエンジン回転に合わせてアクセルを開けていきパワーバンドに入れると、
気持ち良く同調して廻り始めるエンジンはとてもシャープな吹け上がりで気持ち良いです。
元々が公道レース仕様の為ハイギア―ドですので、うまくスピードに乗せるのにはちょっとコツが必要な乗りこなす楽しみのあるバイクです。
こちらもほぼ最初の試乗ですが、基本的にはOKでしたが少しギアボックスの調整が必要、これが出来ればほぼOKと思います。
奥のMI-VAL 175 SSはエンジンを更にレーシーなModel Giro d' Italia に積み替えたバイク。こちらはまだ改善の余地あり、
もう少し掛りそうです。
それにしても今日は風があるもとても気持ち良い天気で、こんな日にこんなバイクに乗れるのはとても気持ちの良い物ですが、
そこは試乗ですので冷静にバイクの調子を窺いながらも楽しく試乗させていただきました。



# by batmci | 2017-10-23 16:09 | 仕事 | Comments(0)
2017年 10月 21日
Bultaco Mercurio 155 mod.9
連日の新入荷情報となります、スペイン製ブルタコのメルキュリオ155が入荷。
a0208987_18051364.jpg
a0208987_18052244.jpg
1963年から66年までスペインで作られたブルタコ・メルキュリオ155です。
2ストローク、57X60の153.1ccで11.6CVというエンジンスペック。
91Kgという軽量な車体できびきび軽快に走ります。

a0208987_18053110.jpg
a0208987_18053905.jpg
a0208987_18081041.jpg
シンプルな造形のエンジンですが、エキパイの太さがいかにも走りそうな迫力あります。

a0208987_18055008.jpg
キャブレターはオリジナルから現代のデロルトに交換され安定度もアップしています。
a0208987_18060185.jpg
ハンドルはオリジナルがプレス製のちょっと変わったハンドルが付くのですが、デザイン的にいまいちだったので、
偶然ぴったり付いたチネリ製のハンドルに交換してスポーティーなポジションになり高級感もアップ。
a0208987_18061016.jpg
多分レストア時に0に戻されたか新品であろうメーター。現在は1182Kmを指しています。
a0208987_18061633.jpg
シンプルに丸いタンクはとても可愛い作りです。タンクキャップのデザインも素敵です。
a0208987_18062566.jpg
多分新品のシートASSY、広い座面でちょっと硬めの座り心地で快適。
a0208987_18063592.jpg
シート後ろに付いているのはオイルやプラグなどを入れるための後付けした物です。リアフェンダー下に付いたアルミ製の泥よけの
キッチュな質感がとてもバイクに合っていて可愛らしいです。
a0208987_18064513.jpg
a0208987_18065441.jpg
スペインのバイク、特にロードバイクというとあまり馴染みが無いと思いますが、以前販売したブルタコメトラーラも含め
実際のってみるととても軽快でダイレクト感があり、ハンドリングも良くてとてもいいバイクだと思います。
2ストローク好きの方には自信を持ってお勧めできる一台、是非ご覧ください。





# by batmci | 2017-10-21 12:00 | バイク | Comments(0)
2017年 10月 20日
MV Agusta 175 CSGT
1950年代MVの主力モデル175CSシリーズの一台175CSGTが入荷。
a0208987_16380655.jpg
a0208987_16381858.jpg
MV AGUSTA 175 CSGTは1957年に約500台のみ生産された希少車、エンジンは同年に生産されたスポーツモデルCS57と同じ車体とエンジンのヘッドのみ前年まで生産されたCSTLのヘッドを用いグランツーリスモ仕様に仕上げたモデルです。

a0208987_16384989.jpg
a0208987_16385890.jpg
エンジンはディスコボランテで有名なCSSを源流とするチェーン駆動のOHC、ボア・ストロークは59.5X62mmの172.3cc
キャブレターはデロルトUA、電装はダイナモ仕様です。
a0208987_16391939.jpg
a0208987_16392790.jpg
イタリア車独特のえらの張ったタンクはエッジの利いた独特のデザイン。容量は14Lとやや大ぶり。
こちら日本に入荷してからカスタムバイクのペイントで有名なStupid Crownさんで塗装していただきました。
ペイントの質はもちろん、フリーハンドで入れていただいたゴールドラインがとてもいい感じです。
a0208987_16393730.jpg
ハンドルはちょっと変わったデザインのベルリッキ製の専用品。当時としては珍しいバーエンドがクローズドになっているのが特徴です。
スロットルも一般的なSuper pratic BではなくSportが付いています。
a0208987_16394779.jpg
メーターは純正のVDOがちゃんと付いています。
a0208987_16395610.jpg
シートは張り替え済み、少しソフトで乗った感じもよいです。
a0208987_16400383.jpg
バッジもしっかり付いています。
a0208987_16401332.jpg
a0208987_16402496.jpg
かなりオリジナル度が高いレストアがされていてエンジンも問題無く大きな整備も無く乗れそうな車両です。
ですが、もちろん念には念を入れてじっくり整備して納車いたします。
175ccとしては比較的大柄な車両で安定して走れそうで長距離ツーリングなどには良い車両だと思います。
生産台数の少なさからも貴重なMVの一台、是非一度ご覧ください。



# by batmci | 2017-10-20 17:44 | バイク | Comments(0)