2011年 09月 01日
Zanzani Motobi Stradale プロジェクト その2
やっとあの暑さも少しましになって作業がしやすいこの頃。
納車整備やら他のバイクの整備などで忙しく(夏休みも頂きましたが・・・・)
前回のアップから大変長く間が空いてしまいました。
Zanzani Motobi Stradale は今現在ここまで出来ました。
a0208987_169299.jpg

まだカウルが付いていませんが、エンジン、足回り、電装系はほぼ完成。
各部についてはこんな感じです。
a0208987_16105526.jpg

フロントはセリアーニGP35mm、ブレーキはオルダーニレプリカ。
色々なオルダーニレプリカがありますが、自分で見た中では一番良い作りの物です。
でも、もうこの方も高齢でここまでの出来はもう無理みたいですが・・・・
a0208987_1612873.jpg

メーターはクローバーの電機式、このメーターの針の動きは感動的にいいです。
いまどきのステッピングモーターの過激な動きと違うなんとも生理的に正しいような動き
と言ってもそれはブリッピング時には判らないので、乗った方のみ判るんですが・・・・・
スピードメーターはデジタルのサイクルメーターを使用。
三叉は上が鋳物で下はなんと総削り出しのザンザーニ製、
オフセットも汎用とは違うモトビ専用品です。
a0208987_16221337.jpg

今回エンジンはスタンダードですが、マフラーを換えたのでキャブはノーマルのUB24から
SSI27Aに交換。もちろんフロートはSS2を使います。
SSIと言ってもAやらDやらありますが、やはりAの砂型鋳造品はカッコいいです。
Aを使うのには他にも理由がありますが、それはまた後ほど・・・・・
a0208987_16291763.jpg

マフラーはエキパイから多段に太くなる設計の物をYRPにて製作。
リバースコーンの部分もただのテーパーはかっこ悪いので、カール形状にしてあります。
サイレンサーは交換式で音も調整できるので125から250まで対応しています。
5本製作しましたが、確か最後の一本がまだあったはずです。
a0208987_16351646.jpg


リアショックはワークスパフォーマンス製、これも300mmというサイズは日本には
普通には無いのでイタリアから取りました。
a0208987_1637122.jpg

リアスプロケットもザンザーニ製、鬼のように軽量穴が開いていて手間が掛かっていますが
これもマシニングで全て削り出しで作っています。
このスプロケットは汎用のグリメカのハブ用ですので、ドカティにも使用可。
丁数も色々有りますのでオーダーは可能です。

と、ここまで進んできましたので、もう一息です。

# by batmci | 2011-09-01 16:41 | Comments(0)
2011年 07月 31日
Zanzani Motobi Stradale プロジェクト
a0208987_18583481.jpg
長年掛かって進めてきたザンザーニ・モトビの公道仕様プロジェクトの最終組み立てが始まりました。
たま~にバイカーズステーション誌などに掲載されて経過を知っている方もいらっしゃると思います。
このまま順調に行けば秋には完成の予定。それにしても当時と同じ250のワークスカラーの
ほとんど黒に近いブルーのつや消し塗装はステルス戦闘機みたいでカッコいいです。
組んでいる自分も完成が楽しみです。

# by batmci | 2011-07-31 18:59 | 仕事 | Comments(0)
2011年 07月 22日
ある日の作業台
ここのところバイクの入荷があったり整備の仕事が詰まったりして更新が出来ませんでした。
おかげさまで今月も多数の御成約があり只今整備真っ最中です。
a0208987_12552636.jpg

あれ?あんなバイクホームページに載ってたっけと思う方もいらっしゃると思いますが、
写真の中にある2台のバイクはホームページ掲載前にご成約頂きました。
当店では結構有るのですが、入荷して間もなく見に来られたお客様がご商談、ホームページに載った
時点でご成約というケースです。
ヴィンテージ物は”縁”だと思っていますので、なんとなく探していらっしゃる方は是非お気軽に御来店下さい
そうやってちょくちょく見ていると良い物にめぐり合うと思います。

# by batmci | 2011-07-22 13:07 | 仕事 | Comments(0)
2011年 07月 06日
Egg Run 2011
7月2日、毎年この時期に行なわれるイタリア車のミーティングエッグランを埼玉県小鹿野町で行ないました。
a0208987_9591324.jpg

モトビクラブジャポーネというMotobiのオーナーズクラブが主催ですが、特に堅苦しい規則は無く、
50~60年代のイタリア車でしたら参加できる気楽な集まりで、もう9回目になりました。
関東近辺の方の参加が多いですが、愛知や岐阜、大阪からも参加される方もおられます。
多くの方がトランポにバイクを積んで集合場所に集まりますが、横浜や川口市、
東京各所から自走で参加される方もあり、その場合は結構な距離を走ることになります。
今年は業界の休日変更の影響もあり18台の参加と少な目でしたが、天気も良く、
小鹿野から群馬県神流町へ行くルートを走りました。
a0208987_9594448.jpg

毎年この時期に開催しておりますので、御興味の方は下記までお気軽に御連絡下さい。
http://homepage2.nifty.com/motobiclub/

# by batmci | 2011-07-06 10:02 | ファン | Comments(0)
2011年 06月 22日
Capriolo 100
ずっと以前に仕入れてきたものの、エンジンが掛からず店に出していなかったカプリオーロ。
ちょっと時間が出来たので不良原因の電装系を見直して修理完了、やっと値段が付きました。
a0208987_17325070.jpg

ホームページにも書いてありますが、この車両フレームナンバーが00001番!
この100と言うモデルは当初アメリカ向けに作られたらしく、この車両の仕様を見ても
やはりUS仕様になっており、多分サンプルか何かで行ったものではないかと推測しています。
状態はメッキがやれている以外かなり良く、、オリジナルコンディション。そしてたぶん未走行。
何故に未走行と思われるかと言いますと、一番は電装系不良、単なる故障では無く、
明らかに間違った配線がされていて、元の配線では点火系が機能せず、これが長いあいだ動かなかった原因だと思います。なものでエンジンが掛かった今は好調でお勧めのバイクです。
このカプリオーロと言うバイク、色々独創的なメカニズムやデザインでとても面白いバイクなので、
今回ブログ用にちょっとエンジン内部のご紹介。
a0208987_1746082.jpg

ヘッドカバーを開けるとこのようになっています。
この頃は大体OHVですが、このエンジンはとても個性的なOHC、フェイスカムという方式です。
a0208987_17461221.jpg

ご覧のように円盤にカム山があってそれがくるくる回りロッカーを押すという非常にシンプルな作り。
オイルラインも蛇口のようにカムに直接注ぎ込んでそれを周りに飛ばすという仕組み。
メカノイズもすごく少なくて上品に回る良いエンジン、メカ好きの方にお勧めしたいバイクです

# by batmci | 2011-06-22 17:57 | バイク | Comments(0)