2011年 09月 01日
Zanzani Motobi Stradale プロジェクト その2
やっとあの暑さも少しましになって作業がしやすいこの頃。
納車整備やら他のバイクの整備などで忙しく(夏休みも頂きましたが・・・・)
前回のアップから大変長く間が空いてしまいました。
Zanzani Motobi Stradale は今現在ここまで出来ました。
a0208987_169299.jpg

まだカウルが付いていませんが、エンジン、足回り、電装系はほぼ完成。
各部についてはこんな感じです。
a0208987_16105526.jpg

フロントはセリアーニGP35mm、ブレーキはオルダーニレプリカ。
色々なオルダーニレプリカがありますが、自分で見た中では一番良い作りの物です。
でも、もうこの方も高齢でここまでの出来はもう無理みたいですが・・・・
a0208987_1612873.jpg

メーターはクローバーの電機式、このメーターの針の動きは感動的にいいです。
いまどきのステッピングモーターの過激な動きと違うなんとも生理的に正しいような動き
と言ってもそれはブリッピング時には判らないので、乗った方のみ判るんですが・・・・・
スピードメーターはデジタルのサイクルメーターを使用。
三叉は上が鋳物で下はなんと総削り出しのザンザーニ製、
オフセットも汎用とは違うモトビ専用品です。
a0208987_16221337.jpg

今回エンジンはスタンダードですが、マフラーを換えたのでキャブはノーマルのUB24から
SSI27Aに交換。もちろんフロートはSS2を使います。
SSIと言ってもAやらDやらありますが、やはりAの砂型鋳造品はカッコいいです。
Aを使うのには他にも理由がありますが、それはまた後ほど・・・・・
a0208987_16291763.jpg

マフラーはエキパイから多段に太くなる設計の物をYRPにて製作。
リバースコーンの部分もただのテーパーはかっこ悪いので、カール形状にしてあります。
サイレンサーは交換式で音も調整できるので125から250まで対応しています。
5本製作しましたが、確か最後の一本がまだあったはずです。
a0208987_16351646.jpg


リアショックはワークスパフォーマンス製、これも300mmというサイズは日本には
普通には無いのでイタリアから取りました。
a0208987_1637122.jpg

リアスプロケットもザンザーニ製、鬼のように軽量穴が開いていて手間が掛かっていますが
これもマシニングで全て削り出しで作っています。
このスプロケットは汎用のグリメカのハブ用ですので、ドカティにも使用可。
丁数も色々有りますのでオーダーは可能です。

と、ここまで進んできましたので、もう一息です。

by batmci | 2011-09-01 16:41 | Comments(0)


<< イタリア出張      Zanzani Motobi ... >>