2017年 03月 06日
Moto Guzzi 750S
オールドグッチの中でもとても希少なMoto Guzzi 750Sが入荷しました。
a0208987_11474239.jpg
a0208987_11480139.jpg
モトグッチV型エンジン最初のスポーツモデルV7スポルトの後を受けて1974年から75年にかけて作られたモデルがこの750Sです。
古いグッチの中でも現在特に人気のある1000Sはこの750Sのデザインを元に作られたのは有名です。

a0208987_11483409.jpg
a0208987_11481502.jpg
先のV7Sporとの違いは、右チェンジから現代車と同じ左側にチェンジが変わり、動力性能に対して不足していたフロントのドラムブレーキをブレンボ製のダブルディスクブレーキに変更、外装はタンクやハンドル回りのデザインは引き継ぎながらシートストッパーの付いたスポーティなシートやエッジの利いたサイドカバーに変更するなどスポーティになっています。また先にも書いた全体を斜めに横断するストライプ柄やブラックアウトされたシャークフィン付きのラフランコ―二サイレンサーもこの750Sが最初です。
a0208987_11485392.jpg
a0208987_11490941.jpg
そしてこちらの車両は希少な750Sの中でも更に希少な1975年登録の新車当時から日本にある個体です。ペイントやその他もオリジナルのまま残ったとても良いコンディションの車両です。
a0208987_11493360.jpg
オリジナルペイントと思われるタンクの塗装は黒の部分が少し艶が退けてとても良いビンテージな雰囲気になっています。

a0208987_11495158.jpg
ウインカーなども輸入時に取り付けられた物がそのまま使われています。

a0208987_11500570.jpg
a0208987_11502000.jpg
外観やエンジンのコンディションも申し分ないいいコンディションで車検も29年8月まで付いていてすぐにでも乗り出しできる状態です。
滅多にある車両ではありませんのでオールドグッチをお探しの方、是非ご覧ください。
2017/3/8ご成約ありがとうございました。



by batmci | 2017-03-06 11:51 | バイク | Comments(0)


<< 春のイタリア出張。      関西出張。 >>