2018年 04月 27日
Lambretta Model C Corsa custom
当店で以前製作したLambretta Model C Corsa cCustom販売のご案内。
a0208987_14454288.jpg
a0208987_14455134.jpg
初期のベベルドライブランブレッタの中で1950年から51年の2年間作られたのがこちらのModel Cです。
Model Bのエンジンをベースにフレームとフロントサスペンションを改良したのが大きな違いで、
これ以降のベベルドライブランブレッタのベースデザインになったモデルです。
a0208987_14460780.jpg
ナックルのような短いスイングアームを持つのが特徴のエンジン。サスペンションはドライブシャフト下に平行に付けられています。
ギアチェンジは一本の太いワイヤーで、リアブレーキはリンケージになっています。

a0208987_14461758.jpg
マフラーはフットボード下にレイアウトされるノーマルマフラーからぐっどアップしてサイド出しになったアバルトマフラーに交換。
ちょっと見えにくいですが、フライホイルカバー前側にポイントのコンデンサーを外出しにして予備のコンデンサーも付けてあります。
これはトラブルにすぐ対応できるよう当時のレーサーなどによく用いられたやり方でレーサーっぽく見えるポイントでもあります。

a0208987_14470324.jpg
ハンドルはオリジナルでとてもいいコンディション。それでも少しだけレーサーっぽくカスタムしました。
a0208987_14471368.jpg
グリップも含めてオリジナルコンディションですハンドルに巻きつけてあるのはタックスホルダーです。中身は本物の納税用紙。
a0208987_14472115.jpg
ライトスイッチはもちろんオリジナル、スロットルはガタが多いので、
レスポンスを良くするのとをレーサーぽく見えるようSuper Pratic Bを使用。
a0208987_14473299.jpg
このカスタムの大きなポイントの一つであるレーシングタンク。こちらは今も現役でモトジロなどに参加されている職人の方が作られた一品。
鉄製でぴったり取り付くとても良い作りの物です。タンクキャップもしっかり50年代のデザインです。こちらも新品です。
a0208987_14474330.jpg
シート後ろに斜めに取り付けられたスペアタイヤはワークスCコルサと同じレイアウトです。
こちらのスペアタイヤブラケットもこちらに合わせて作られた物です。
a0208987_14475435.jpg
ゼッケンプレートはアルミ製でクイックファスナーで取り付けてあります。こちらはトランクの蓋を開けるのを妨げないためです。
アバルトマフラーのカールしたテールパイプがおしゃれです。
a0208987_14480246.jpg
a0208987_14481101.jpg
前面のゼッケンもアルミ製で前側をカットしたレッグシールドに共締めで取り付け。
レッグシールドはオリジナルでなくDの物を流用して作りました。

a0208987_14482404.jpg
a0208987_14483600.jpg
a0208987_14484415.jpg
このタンクのもう一つの特徴はこのようにタイヤの収納が出来るところ。
タイヤの空気を抜く必要がありますが簡単に取り付け可能です。
スペアタイヤキャリア無しもスッキリして可愛らしいです。
あと、オリジナルのノーマルのピリオンシートももちろんありますので二人乗り仕様も可。

a0208987_14485269.jpg
オリジナルのレッグシールドやピリオンシートとステップ、マフラーなどオリジナルの部品はすべて揃っています。
また、このカスタムはオリジナルの仕様にネジ穴一本も開けずに行っていますのでオリジナルに戻すことも可能です。

a0208987_14485862.jpg
a0208987_14490581.jpg
かなりの手間を掛けて作られた車両ですが、オーナー様が新しいバイク購入のため販売となったこちらの車両、
とても良い出来だと思いますのでご興味の方是非ご覧ください。


by batmci | 2018-04-27 17:02 | バイク | Comments(0)


<< Good Oldays 201...      2018春のイタリア出張番外編。 >>