2018年 10月 14日
今日の作業台。
もう来週末に迫ったイタリア車のツーリングイベント、モトイタリアーノに向けての整備でここのところ作業に忙しく、更新もままならない状態でした。
ほとんどの車両も仕上がってお渡しできましたが、最後の一台でまだギリギリまで作業している車両がこちら。
a0208987_11385724.jpg
アエルマッキ・アラド―ロCRTT公道仕様。本物のアラド―ロそのままに保安部品を取り付けた超スパルタンなバイク。
エンジンもUS仕様のCRTTそのまま、押し掛けオンリーです。久々にエンジン始動確認するとあっさりと掛りましたが、
少しパッキンがへたってオイルのにじみがあるので分解してガスケットやパッキン交換です。
OHVのシンプルなエンジンですので分解は簡単です。現在パッキン製作中ですが何とか当日までには間に合いそうです。
a0208987_11390593.jpg
さすがレース仕様ですね、プッシュロッドが超軽いです。分解すると他にもアラド―ロならではの部品が確認できてやっぱりレーサーは手間が掛っているのが分かります。

a0208987_11391285.jpg
そしてこちらはモトイタのあと11月4日に行われるLOC TRACK DAY feat. 宮城光に向けての整備中のモトビ250SSレーサー。
以前は街乗りと兼用でしたが、これからはサーキット専用に色々と手を加えるべく作業中。
こちらのイベント、店主や仲間も参加予定ですのでこちらの作業も続行中です。そんな中、納車作業や新入荷なども。
a0208987_11392329.jpg
先日店頭に出してすぐ決まったアイローネツーリスモですが、なんとも珍しく続いてスポルトが入荷。
ですが、こちらももうすでに複数お声が掛っていて決まってしまいそうです。
クラッシックな外観やメカニズムながら現代の交通事情でも充分実用に使って頂けるアイローネはこれからも人気が続きそうです。
と言っても、しっかりオリジナル、もしくはそれに準じたレストアや整備がされていない車両では長い間安心して乗り続けることは難しい車両です、アイローネに限らずですが、このあたりの車両をお探しの方、よくご覧になって、ちゃんと実動状態で部品など違う物に変えられていない筋のいい車両をお選びになるのと、部品供給が出来るところからご購入される事をお勧めします。
そして最近の納車状況。
a0208987_11391708.jpg
こちらも店頭に出る前にお買い上げになったモトビ125SS。エンジン腰上とクランクケースプライマリー側分解組み立て、前後ブレーキOHやハブベアリング交換、スピードメーターOH等点検整備完了しました。タイヤやドライブチェーンも新品でしゃきっと走ります。
a0208987_11392908.jpg
じっくり時間を掛けて整備させていただいたMV AGUSTA 175 CSTLも納車準備完了。こちらは外観はオリジナルのままに機関はばっちりという仕様で自分でもうまく仕上がったと思う一台になりました。
と、相変わらず忙しくさせていただいていますが、まだまだ年内にイベントや納車をお持ちいただいているお客様がいらっしゃるので頑張って作業していきます。お待たせのお客様にはご迷惑おかけしますがご容赦いただけますと幸いです。





by batmci | 2018-10-14 12:10 | 仕事 | Comments(0)


<< モトイタリアーノツーリング2018      Moto Guzzi Airo... >>