2019年 01月 10日
RUMI Gobbetto Special on road

長年構想を暖めていたRUMI Gobbetto Special の公道仕様カスタムが完成しました。
a0208987_18095955.jpeg
このGobetto Specialは2009年に店主のコレクションとしてイタリアから輸入して、ツインリンクもてぎで行われているGood Oldaysや
袖ヶ浦フォレストスピードウェイで行われているSide Way Trophy などを走行。
a0208987_12001766.jpg
a0208987_12005138.jpg
a0208987_12010183.jpg

その後、新しいオーナーに受け継がれ、現オーナーのご希望で以前から構想が有った公道走行仕様にカスタムがスタート、
2019年に完成と相成りました。

a0208987_18102266.jpeg
今回のカスタムで一番大きなところは何と言ってもこのヘッドライトカウルの装着。このカウルのデザインは元になるデザインが有りました。
それはこのデザインが元になっています。
a0208987_12070990.jpg
a0208987_12071864.jpg
こちらはRUMIのワークスレーサーGobbettoの公道仕様。Gobbettoは元はクローズドサーキット用に開発されましたが、一部このような公道レース仕様も作られました。今回、こちらのデザインを参考にカウルをアトリエ・ツネナガにて製作していただきました。

a0208987_18103972.jpeg
a0208987_18105458.jpeg
a0208987_18110995.jpeg
a0208987_18133336.jpeg
ピッタリと美しく収まっています。元々発電器も搭載しているのでライト類はもちろん実働です。
カウルは2本のネジで止まっているだけなのですぐにサーキット仕様にも変更可能。

a0208987_18135230.jpeg
ホーンは1951年式のベスパに使われている物を使用。軽量化とACで作動ということで当時にもよく用いられたやり方です。

a0208987_18141765.jpeg
現在キックアームは付いていないので押し掛けのみの仕様ですが、今後キックスタート仕様にすることも考えています。



a0208987_18182035.jpeg
テールランプとナンバーステーも当時のデザインで製作。
上向きに付いたランプは当時の公道レース仕様に多く用いられていたレイアウトです。
a0208987_12223492.jpeg
レーサーなのでスタンドが有りませんので取り外すタイプのサイドスタンドも製作。
a0208987_12225874.jpeg
ステップの形状が幸いしてかなりシンプルなスタンドに仕上がりました。年明けに公道走行テストしてセッティング開始。
公道でセッティング出来るのはやはり楽ですね、ほぼOKなところまで持って行けました。
こちらのバイク、今年は色々なところで走ると思いますのでご覧いただくのが今から楽しみです。






by batmci | 2019-01-10 18:22 | バイク | Comments(0)


<< Moto Guzzi Stor...      今日の作業台 >>