2019年 08月 19日
Ceccato 125 2t 入荷。
以前に当店で販売したチェカート125 2t とても良い状態を保って乗られていましたが販売の為に入庫しました。
a0208987_18343834.jpg
a0208987_18344880.jpg
1950年代半ばに作られたであろうこのチェカート125、当時色々なメーカーが125ccの2ストロークエンジンを搭載した
シンプルなバイクが作られました。4ストローク175ccのバイクが高価なラグジュアリーやスポーツといったモデルに対して
125ccの2stは庶民の足やレジャー用にといった感じで数多く販売されメーカーとしてはドル箱モデルでした。
販売台数も多かったですが、価格も安価で販売する為シンプルなデザインになり各社似たような物になりましたが、
そこはさすがイタリアンで逆に各社な細かいディティールに個性を出したデザインのバイクが作られました。
このチェカートもそんな一台です。
a0208987_18345708.jpg

a0208987_18350040.jpg
エンジンはこの頃の125cc 2st 定番のフライホイールマグネット点火と発電で一チェーンドライブの一次側減速で
ギアボックスは1アップ3ダウンの4速です。

a0208987_18350364.jpg
a0208987_18350690.jpg
キャブレターはデロルトUA16A、2ストですのでエアフィルターが標準装備。

a0208987_18351743.jpg
a0208987_18352027.jpg
トップブリッジのステムシャフトより後ろにハンドルが固定されているのは50年代イタリア車では良く有ったデザイン。
イタリアンらしい深いスワローハンドルが格好いいです。タンクキャップも当時のアクセサリーパーツでグレードアップ。

a0208987_18352343.jpg

トップブリッジに付くステアリングダンパーノブは当時のドライバーの神様、セント・クリストファーの肖像画ある社外品です。
メーター年代がマッチした2重重ね文字盤のアローネ製の物が付いています。

a0208987_18352569.jpg
a0208987_18353154.jpg
シート表皮もしっかり新品然としたとても良い状態。

a0208987_18353448.jpg
マフラー、リアショック回りも文句ない状態です。マフラーはフィッシュテール部をネジ一本で分解して掃除できるようになっています。

a0208987_18353708.jpg
a0208987_18353973.jpg
50年代イタリアンには絶対と言って良いほど付いている空気ポンプブラケット。今では各社のリプロダクトポンプが有りますが、こちらはレアなオリジナル物を装着。たかが空気入れと思いますが有るのとないのでは結構雰囲気が変わるので重要なポイントです。

a0208987_18354169.jpg
a0208987_18354399.jpg
タンクは前々オーナーの時にリペイントされこちらもとても良い状態。全体的な塗装やメッキも全くやれのない状態でピカピカです。

a0208987_18354701.jpg
a0208987_18355008.jpg
シンプルな構造ゆえに車重も軽く、それに対してジャイロ効果がある19インチホイールの乗り味がとても軽すぎず、
かつ軽快なハンドリングで元気に吹け上がる2ストのエンジンと相まって乗ってとても楽しいバイクになっています。
この辺りの車両は構造が簡単でメンテナンスも容易ですし、ちゃんとした個体は滅多に壊れることもなく、
バッテリーを搭載していないフラマグ点火のエンジンはいつでもすぐに気軽に乗り出すことが出来ます。
古いイタリアンに興味は有るけどどんなものか試してみたいという方にもお勧めな車両です。ご興味の方是非一度ご覧ください。




by batmci | 2019-08-19 12:30 | バイク | Comments(0)


<< 2019秋のイタリア出張。      夏季休業のお知らせ。 >>