カテゴリ:イタリア紀行( 29 )

2018年 09月 20日
Mostra scambio Imola 2018 番外編
今年のイモラは同じ週末に近くのミサノでMoto GPが開催されていた影響か、
新しい感じの出店者や人出も少なく思ったより面白いモノやグッとくるものがあまりなく少し残念な年でした。
3日間頑張って歩き回って色々と見て回った中で仕事にあまり関係ないが気になった物やこんなものまでといった番外編的な画像をご紹介。
a0208987_17543005.jpg
自転車関係の看板はビンテージ自転車の人気に伴ってマーケットに多く出てくるようになりました。
というかバイク関係の看板は収まるところに収まってもう出てこない感じで出てきてもかなり高価になってきています。
a0208987_17543785.jpg
昔からベスパにバイクのエンジン積むカスタムはありますが、これはその最新?モデルでしょうか。
a0208987_17544494.jpg
上のベスパに比べてなんと可愛い乗り物でしょう。
a0208987_17544907.jpg
同じく凝った三輪車。庭にポツンと置いたりしたら可愛いでしょうね。
a0208987_17545231.jpg
可愛らしいトッポジ―ジョ。
a0208987_17550014.jpg
その横にはレアなミニサイズのピッポ。ピッポは店主もコレクションで大きいの小さいの持っています。
a0208987_17550670.jpg
フィアットムルティプラのバンタイプ。可愛らしいですね、色もおしゃれ。

a0208987_17551150.jpg
こちらはレストアベースのトッポリーノ。結構手間がかかりそうです。

a0208987_17554274.jpg
レストアベースが続きます。フランス製らしい3輪車です。これはかなりのモノですね。
a0208987_17554703.jpg
エンジンも付いていたので何とかなるかな・・・・・

a0208987_17561525.jpg
珍しいランブレッタの3輪、イタリア郵便局仕様です。
a0208987_17564856.jpg
なんとAPEをチョップしてしまったという、でも、あまり違和感ないです。

a0208987_17553667.jpg
グッチVエンジンのニーラー、これは東欧から持ってきていました。
a0208987_17553095.jpg
ミュンヒ!と思い近くに寄ってみるとまるで新車!でも、よく見るとミッションがありません。
レプリカ?いずれにしても凄いです。

a0208987_17552187.jpg
Moto Guzzi V50のカットモデル。よく出来ていました。
a0208987_17551459.jpg
バッテリーなど電装メーカーFIAMMの電飾看板。新品は珍しいと思います。

a0208987_17560035.jpg
機械式時計の子供用自転車メーカーのノベルティ壁掛け時計。デザインが素敵です。
a0208987_17560677.jpg
おお、大きな瓶と思って思わずパチリ。珍しいモノかと後で知人に聞いたところイタリアでは珍しくないよとの事、
うちにもあるから今度あげるよと言われて次の出張の楽しみが出来ました。
a0208987_17564227.jpg
何故こんなヘルメットがと思うOlio fiat のディスプレイ物
a0208987_17591661.jpg
イタリア人はなんでも売るという例、ジャンボのタイヤ。

a0208987_17565691.jpg
オリジナルのMV 750Sオーナーズマニュアル。お高かったので見るだけです。
a0208987_17562988.jpg
こんなものまで売るかシリーズその1、Moto Guzzi Airone 初期型、ぼろぼろでこれ売るのかと思いますが、
よく見るとVELOLEXのヘッドか付いています、となると少しは値打ちあるよな・・・・いやいやこれを起こすのは大変でしょ。
a0208987_17563615.jpg
本当にボロボロの初期型APE これを直すにはどれだけの手間が・・・・・

a0208987_17562266.jpg
更に凄かったのはこちら。ひしゃげ潰れたフェンダーライト。もうなんか彫刻のようです。
これを売ろうと持ってくるのですから凄いと思います。

a0208987_18022825.jpg
そんな感じで今年のImolaも終了。今年はあまり収穫が無く残念でした。
それでももう23年かもう少し毎年通ってきたマーケットですから
また来年となるのでしょね、それも今回の成果次第、がんばります。







by batmci | 2018-09-20 17:18 | イタリア紀行 | Comments(0)
2018年 09月 15日
Mostra scambio Imola 2018 その2
さて、翌9月7日、モストラスカンビオイモラが始まりました。
昔は土曜朝の5:00から入場が始まり大変勢いがありましたが、最近は金曜7:00からと余裕で、マーケットの始まりというより出展設営の時間に見学できるといった雰囲気で人もそう多くなくのんびりとしたスタートです。
店主もとりあえず自転車など使って目ぼしい物を物色しますが今年はあまりこれ!といったものが少ないです。
そんな中、気になったモノたちの画像です。
a0208987_13071896.jpg
Moto ViViのモトカロ。この手の車両としては綺麗に残っています。
a0208987_13072829.jpg
これは個人的に気になったモトグッチ・ディンゴ。オリジナルのままで貼ってあるサイケデリックなステッカーがいい味出してました。
a0208987_13074069.jpg
綺麗なパリラ175の後期型。知り合いの人が持ってきていました。
a0208987_13074753.jpg
車のフェラーリとは関係ないFerrari 3台ほど見かけましたが全部売れてました。
a0208987_13075212.jpg
綺麗にレストアされた50ccのスポーツバイクはヨーロッパ中で結構人気があります。
a0208987_13080022.jpg
そんな50ccの中で今年の一番と思ったのがこちらASPESの50実物を見るとこの振りきれたデザインがもっとよくわかります。
本当にカッコ良かったです。
a0208987_13080878.jpg
前にも見たことあるカルデリーノ改。可愛らしいです。
a0208987_13081469.jpg
なかなか見ないMoto DEMMの125。
a0208987_13082321.jpg
70年代のこの手のバイクも少なくなりました、SEGONI
a0208987_13083163.jpg
今回本当に惜しかった車両、MV AGUSTA 175 CSS 本当にいいオリジナルコンディションの車両。
見つけた時には既に売約済みで残念でした。




by batmci | 2018-09-15 13:23 | イタリア紀行 | Comments(0)
2018年 09月 14日
Mostra scambio Imola 2018
今年もイタリアのイモラサーキットで行われるMostra scambio Imolaに行ってまいりました。
9月4日、いつもの羽田発の夜便で出発が台風の為、出発時間が翌AM2:00と変更されてしまい色々とスケジュール変更、何とかなりましたが
今回は初めからちょっと大変な旅になりました。
本当は翌朝いちに到着が大幅にずれて夕方にイタリアに到着。時間に余裕がないのですぐに移動して最初の仕事を片付け、その日はそれで終了。
翌朝イモラに向けて移動しました。モストラスカンビオは金・土・日の三日間ですがその前にゲリラ的に行われているマーケットに顔を出しました。
a0208987_15411799.jpg
a0208987_15413226.jpg
これは大変珍しいLambretta E プルスタートのモデルです。オリジナルコンディションでいい感じ。
a0208987_15413896.jpg
a0208987_15414318.jpg
a0208987_15415026.jpg
ここはメインがスクーターなので色々といいスクーターの売り物があり毎年見るのが楽しいです。ヨーロッパ中からスクーターバイヤーが来ているので目ぼしい物は本番が始まる前に買われてしまいます。日本では落ち着いていますが、ヨーロッパやアジアではスクーターシーンは今も活発です。
a0208987_15415904.jpg
と言いつつバイクも少しはあります、そんな中で気になったのはこちら。
Moto CMの160ツーリスモでは無いようですがスポルトにしたら一部の部品が違うような難しい個体でした。
で、今回はここでは出物は無し、明日からの本番に期待して撤収しました。





by batmci | 2018-09-14 15:51 | イタリア紀行 | Comments(1)
2018年 04月 23日
2018春のイタリア出張番外編。
最後に今回の出張で色々と見たモノをダイジェストでご紹介。
a0208987_17274356.jpg
恐ろしく高いブルタコ50GPレーサー。個人的にはあまり魅力的に見えない個体でした。
a0208987_17275898.jpg
a0208987_17281161.jpg
ランブレッタLIラリーマスター 
a0208987_17282357.jpg
a0208987_17283247.jpg
FIAT500トッポリーノ この形が大好きです。
a0208987_17283814.jpg
O.Mのキャンピングカー。なんでこんなに可愛いのでしょうか。
a0208987_17284610.jpg
アエルマッキ・アラド―ロの初期型。綺麗で整った個体でした。
a0208987_17301588.jpg
RUMI?の計り
a0208987_17285684.jpg
これぞ本物というアエルマッキの250レゴラリータ―。細かいところまで多分当時そのまま。
a0208987_17291834.jpg
a0208987_17291129.jpg
a0208987_17290372.jpg
凄いなと思ったのはこのハブ、アルミそのままだとスポーク穴にクラックが入るので鉄製リングを嵌め込みリベットで留めてそこにスポークを通しています。これはオルダ―二でも同じ作りですがこちらはマッキでやった加工と思われます。
a0208987_17292590.jpg
リアスプロケットハブの造りも美しく惚れ惚れします。
a0208987_17293228.jpg
今回見たバイクの中で一番でした。
と、こんな感じの今回の出張でした。今回のバイク達の入荷は6月初旬の予定です、お楽しみに。






by batmci | 2018-04-23 17:50 | イタリア紀行 | Comments(0)
2018年 04月 21日
2018春のイタリア出張その3
最後日は今まで仕入れてきたバイクの送り出し作業を朝から行います。その後空港に向かい帰国というスケジュールです。
ところが実は帰国日前日朝、なんと帰国便のフライトキャンセルのメッセージが・・・・かなり焦りました。
a0208987_14255534.png
帰国日にフランスで大規模なストが行われるので一部飛行機も飛ばない可能性がありますとこの前日の夜にメールが来ていたのですが、
翌日の朝いきなりこれです(苦笑)
どうなる事かと問い合わせしようとしていたところ、数時間後には代替えフライトの案内がSNS経由で届きました。
a0208987_14255995.png
スマホのアプリケーションでも案内が来て、同日の別会社の便にて帰国できるよう手配されていました。いやはや、便利な世の中になったものです。
ですが、出発時間が変更されていて予定より数時間前になっています。これでは最終日の積み出し作業の時間をかなり頑張らないと飛行機に間に合いません。何とか搭乗時間に間に合うように作業を終えてそのまま空港に向かい無事帰国できました。
なもので作業に忙しく、積み出しバイクの画像が少ないのですが、近日入荷予定のバイクのご紹介。
a0208987_14032235.jpg
Moto Guzzi Farcone Turismo レストア済みの綺麗な車両です。
前回、国内在庫車両をご紹介したところ大変反響が大きかったので頑張って探して一台確保しました。
a0208987_14034207.jpg
いい感じのスミス製クロメトリックスピードメーター付き。
a0208987_14031252.jpg
こちらも人気のMoto Guzzi Airone Turismo こちらもレストア済みで使われていた車両です。いい感じの使用感ありの車両です。
a0208987_14033208.jpg
そしてこちらも大変人気でリクエストの多いMoto Guzzi Galletto 200 また一台入荷しましす。
これまで数台扱って、最近エンジンOHなどの作業もして乗り味も含め大分この車両の事も分かってまいりました。
けっして速くはありませんが、とても良い乗り味のバイクで、何というかシトロエンの2CVのようなバイクです。
この他にもGallettoは初期型160のオリジナルコンディションの入荷もございます。
こちらは6月初旬までには入荷予定です。
どのバイクも現在かなりリクエストの多いバイクです。
ご興味の方お早めにお問い合わせくださいませ。





by batmci | 2018-04-21 14:38 | イタリア紀行 | Comments(0)
2018年 04月 19日
2018春のイタリア出張その2
金土と2日間みっちり歩き回りましたが珍しい部品はどんどん少なくなっている中、こんないい感じのものがありました。
a0208987_18174318.jpg
モンディアルの大判ポスター。凄く欲しかったですが結構お高いので今回は見送りました。
a0208987_18175322.jpg
MOTOM SERVIZIOの看板。小ぶりで可愛い物ですがなかなか無い物です。
a0208987_18170319.jpg
30年代Moto Guzziのモデルエンジン。多分実動すると思います。他にも色々なエンジンが展示されていました。
a0208987_16594861.jpg
a0208987_17050701.jpg
VegliaのブラックフェイスタコメーターAMSのネーム入りです。バイク用なら買ってたんですが・・・・
a0208987_17095531.jpg
Moto Morini Sette bello用メーター各種。ノーマルGTよりスピードレンジが大きいのが特徴です。
と、色々見ながら今回モストラスカンビオで仕入れたのはこちらのバイク。
a0208987_17130277.jpg
Girela 175 Rosso Extra オリジナルのいいコンディション、当時色々なアクセサリーパーツを取り付けたりして大事に乗られた感じのする車両です。
a0208987_17131182.jpg
a0208987_17131689.jpg
いいバイク仕入れたのですぐにでも送りたかったのですが、残念ながら今回のコンテナはスペース一杯で入らず。
次回の輸入になるので日本に来るのはまだ先になります。
さて、日曜にモストラスカンビオでの仕事を終えて、帰国前に最後の仕事が残っています。次回に続く・・・・








by batmci | 2018-04-19 17:25 | イタリア紀行 | Comments(0)
2018年 04月 18日
2018春のイタリア出張。
4月4日(水)いつものAFの夜便でボローニャに翌朝9:00に到着。レンタカーを借り出して最初の商談ぺサロのザンザーニさんのところへ。
a0208987_18001108.jpg
この間テストした320コルサのライダーに合わせたポジションにするための部品などの相談。未加工ながら以前作られたテスト品に目的にあった物があってこれをベースに加工してもらうようにお願いして一つ問題クリア。
a0208987_18064659.jpg
製作をお願いしていたアルミタンクも出来あがっていました。
手前はタンク用の型で石を混入したレジン製のようでとてつもなく重かったです。
その後もう一件商談をしてこの日は終了。翌日からもうモストラスカンビオです。
a0208987_18100343.jpg
翌朝早くにモストラスカンビオ会場に向かいます。8時頃に会場に到着して早速出物が無いか歩き回ります。
a0208987_18130512.jpg
出店準備中の会場を黙々と歩いて頼んでいた部品などを回収しながらそんな中、気になった物やバイクたちです。
a0208987_18160109.jpg
モンディアル200ツーリスモ、とても状態良かったので早々に売れていた一台。
前に置いてあるオルダ―二レプリカも良かったです。
a0208987_18160911.jpg
はじめて見たラベルダのモペッド。これもすぐに消えていました。なんとメカニカルディスクブレーキ付いてます。
a0208987_18161665.jpg
こんなモペッド(失礼)にちょっとビックリです。エンジンも無段階変速らしく珍しい車両だったようです。
a0208987_18163494.jpg
ベネリレオンチーノの初期型。綺麗な車両でした。
a0208987_18164292.jpg
イタリアでは珍しいと思うデルビ50アップマフラーがカッコイイです。
a0208987_18165125.jpg
ベスパコルサのオマージュカスタム。以前本物は見たことありますが、それからするとちょっと惜しい作りです。
a0208987_18171185.jpg
モトモリーニの125 2t アヒルのようなエンジンの造形がとっても可愛らしいバイクです。
a0208987_18171947.jpg
O.Dというバイクのようですが詳細は私には判りません。とても綺麗なバイク。
他にもう少しあるので次回に続きます。




by batmci | 2018-04-18 18:32 | イタリア紀行 | Comments(0)
2017年 09月 25日
2017秋のイタリア出張 モストラスカンビオ・イモラ。
そして翌15日よりモストラスカンビオ・イモラ開催。とりあえず画像お楽しみください。
a0208987_18381935.jpg
a0208987_18382852.jpg
a0208987_18383678.jpg
a0208987_18384363.jpg
a0208987_18385224.jpg
a0208987_18385950.jpg
a0208987_18390741.jpg
a0208987_18391669.jpg
a0208987_18392432.jpg
a0208987_18393392.jpg
a0208987_18394093.jpg
a0208987_18394957.jpg
a0208987_18395814.jpg
a0208987_18400542.jpg
a0208987_18401304.jpg
a0208987_18402248.jpg
a0208987_18403036.jpg
a0208987_18403735.jpg
a0208987_18404524.jpg
a0208987_18405286.jpg
a0208987_18410073.jpg
a0208987_18410957.jpg
a0208987_18411705.jpg
a0208987_18412489.jpg
出来るだけ色々な物を入手しようと丸三日歩き通し頑張って探しました。いい物も見つかりました、ただ、今年は収穫少なめでちょっと残念でした。さて最後にひと仕事して帰国までもうすぐです。




by batmci | 2017-09-25 18:43 | イタリア紀行 | Comments(2)
2017年 09月 23日
2017秋のイタリア出張その2。
今年のモストラスカンビオ・イモラは9月15,16,17の3日間の開催ですが、その前日に一部出店者が会場付近で勝手に開く裏イモラのようなマーケットがあります。
大体がスクーター関係の出店で、ヨーロッパ中のスクーターバイヤーが集まるちょっと変わった市です。私にはあまり出物が無いのですが、それでもやはり何かないかと毎年覗いてしまします。
a0208987_12512848.jpg
a0208987_12515998.jpg
a0208987_12513961.jpg
スクーターに関しては本番より充実した品ぞろえでプロのバイヤーはここがメインと言ってもいいほど盛り上がりです。
a0208987_12520870.jpg
ちょっと珍しいMDSのエンジン単体、興味深いエンジンですが使う車体も無いので見るだけです。でも、こんなエンジン積んだバイクあったら面白いだろうなと思います。
a0208987_12521789.jpg
MV AGUSTA Pullman オリジナルのままでレストアにはいい素材。
タイヤの関係で躊躇されていたモデルですが新しいタイヤが発売されたので人気が出るかもです。
a0208987_12522573.jpg
a0208987_18034516.jpg
ついつい見てしまう3輪車。パワードバイピアジオ。
a0208987_18041408.jpg
まだこんなのも発掘されてくるのが凄いです。

さて、翌日からはモストラスカンビオ本番です。



by batmci | 2017-09-23 18:20 | イタリア紀行 | Comments(0)
2017年 09月 20日
2017秋のイタリア出張その1。
恒例の秋のイタリア出張、今回もいつもの羽田発の夜便で向かい、朝の9時にはボローニャに到着。レンタカーを借り出しまず向かった先はこちら。
a0208987_12494774.jpg
ぺサロ某所にひっそりと保管されているバイクの扱いについての打ち合わせ。
そんな中貴重な物を見せていただきました。
a0208987_12495677.jpg
a0208987_12500898.jpg
プリモ・ザンザーニさんが獲得したカップやレースで実際着用されていた革ツナギ、ミラノ・タ―ラント出場時のゼッケンなど。
どれも貴重な品物ですが、特に感動したのは革ツナギで、その革はとても薄く、
今のツナギなどと比べればプロテクトもほとんどなく、とても繊細な造りでした。
今まで本当にその時代の物だと確認できるものは見ることが無かったなので、貴重な機会でした。
その次はいつもお邪魔しているレストア工房へ。
a0208987_12503842.jpg
こちらも長いお付き合いがあるところで今までに何台ものバイクを買わせていただいています。ここ数年はベルギーやオランダのお客さん向けに50ccに特化したレストアを行っていて、その中にMV AGUSTA 50 livertyのレストアが進行中でした。
a0208987_12510277.jpg
a0208987_12502738.jpg
a0208987_12501880.jpg
3台まとめてレストアされていますが春までには完成予定。予約して取り置きも出来るので、ご興味のお方お問い合わせください。
a0208987_12511377.jpg
そこで手に入れたアルミタンク。何用かは不明ですが、いい雰囲気なので使うのが楽しみです。






by batmci | 2017-09-20 13:56 | イタリア紀行 | Comments(0)