<   2018年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2018年 08月 19日
YAMAHA YDS-3 入荷。
当店では珍しい国産旧車のヤマハYDS-3が入荷。
a0208987_11305472.jpg
a0208987_11310360.jpg
アメリカから里帰り車両のこのYDS-3タンクとサイドカバーはノンオリジナルペイントですが
それ以外はとても良いオリジナルに近い状態です。
a0208987_11311559.jpg
a0208987_11312415.jpg
エンジンはautolubeの分離給油方式、エンジン回りはラバーパーツ含めとても良い状態です。
a0208987_11313523.jpg
ハンドルは国内仕様の一文字から少しアップなコンチネンタルハンドルに交換されています。
a0208987_11314573.jpg
a0208987_11315519.jpg
メーター周りもやけは少なくインジケーターランプ類欠損なく良い状態です。
a0208987_11320380.jpg
残念ながらライトリムは傷ありですがメッキはしっかりしています。ライトケースの状態良し、キーも綺麗で機能も問題なし。
a0208987_11321263.jpg
フロントフェンダーに若干へこみと磨き傷あり、曲がりや大きなゆがみはありません。

a0208987_11322178.jpg
a0208987_11322820.jpg
タンクはオリジナルペイントではありませんがそこそこ綺麗に塗られています。タンクキャップ類の状態もいいです。
a0208987_11330696.jpg
シートは内部のウレタンも含めきっちりレストアしてあります。張りも含めてとても綺麗に仕上がっています。
a0208987_11331692.jpg
もちろんYAMAHAのロゴもしっかり入っています。テールランプの状態も良いです。
a0208987_11323613.jpg
a0208987_11324548.jpg
当店のお客様が一度乗ってみたいと購入されたこの車両、購入後当店にて前後タイヤ交換含め全体的に整備点検してしっかり日常の使用に使える状態になっています。オーナーはこのバイクを充分堪能したので別のバイクに乗り換えで今回当店より販売することになりました。
安心して乗れる車両お探しの方是非一度ご覧ください。なお、こちらは近々ヤフオク!にも出品予定ですので
気になる方はお早目のお問い合わせくださいませ。



by batmci | 2018-08-19 11:51 | バイク | Comments(0)
2018年 08月 17日
今日から営業!とイタリア出張のお知らせ。
9日から16日までの夏季休暇も終わり本日17日から営業させていただいております。
休み明けの朝は気温も低くお盆明けな感じでこれがこのまま続いてくれれば作業もはかどるのにと思います。
そして毎年恒例の秋のイタリア出張がぼちぼち迫ってまいりました。
今年の日程は9月4日から11日まで、春から仕入れてきた車両なども今回送り出しになります。
いつもお客様各位にお願いしている部品注文受注の時期となりましたので必要な部品や探して欲しい物など
お気軽にお問い合わせくださいませ。
a0208987_14492795.jpg



by batmci | 2018-08-17 14:49 | 仕事 | Comments(0)
2018年 08月 05日
夏季休業のお知らせ。
夏季休業のお知らせ 

8月9日(木)から16(木)まで夏季休業いたします。

今年は特に酷暑となっており、店内での作業も困難になっております。
この期間に英気を養って休み明けから頑張って作業等行いますので
お客様各位にはご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。
a0208987_12112065.jpg


by batmci | 2018-08-05 12:11 | 仕事 | Comments(0)
2018年 08月 04日
Moto Atala Motori CR
大変珍しいイタリア製FFモペッド Moto Atala Motori CRのご紹介。
a0208987_12570275.jpg
このMoto Atali 前回の出張でたまたま見かけあまりのカッコよさに衝動買いした車両です。
FFのモペッドというと何と言ってもフランスのソレックスが有名ですが、こちらはそれに輪を掛けて個性的なモペッドです。
a0208987_12575296.jpg
まずは何と言ってもこのエンジンレイアウト、水平シリンダーが先頭でその上にヘッドライトと一体になったシェラウドが付くという個性的なデザイン。エンジン後ろ側に少し見える筒状の物はエアクリーナーボックス、これもデザインの一部として収まっています。
一次減速されて遠心クラッチを通したローラーがタイヤを駆動するのはソレックスと同じですが、こちらはタンクがフレームに付く為スリムでスッキリしたデザインです。
a0208987_12580187.jpg
a0208987_12581681.jpg


ローラー駆動の切り替えはレバーで行うのもソレックスと一緒。ただ、マフラーが固定されているのでエキパイとマフラーの間にジョイントがあるのが特徴です。そしてなんといってもこのバイク一番のポイントはこちら。
a0208987_12582692.jpg
タンクの位置は普通のモペッドとしては当たり前のところに付いています。そしてキャブレターはシリンダーの上、エンジンの一番上の部分にあります。そう、これではガソリンが流れないのです。それよりタンクにコックが付いていません。
これをどうやって解決しているかというと・・・・・・
a0208987_12583458.jpg
なんとエンジンにフュ―エルポンプが付いています。それもエンジンが回るとクランクケースの内圧差で動く方法です。
ガソリンタンクからポンプに送られたガソリンはキャブレターまで送られ、余分なガソリンはまたタンクに戻って行くよう工夫されています。
店主もこれを見た時はびっくり、イタリア人の執念を感じました(笑)
a0208987_12574200.jpg
デザイン第一との為にメカニカルな工夫をしてモペッドと言えど妥協しないさすがイタリア製です。
ですがこんな凝った機構が災いしてか、今ではなかなか見ることが無いこのモペッド、日本に持ち帰れて良かったと思います。
試乗してみるとさすがにFF頭が重くアンダーステアです。でも慣れてくるとリズムよく走れて以外に走ります。
こういう車両を一台こっきり輸入するのは結構な縁が無いと入ってきませんので今回は縁があったということで次に入るかは全く不明です。
でも、こんな風にあまり知られていない車両を輸入してくるのもこの仕事の醍醐味と楽しんでやっております。
また皆様の知らない車両、面白い車両をこれからもぼちぼちと探してまいりますので暖かく見守って下さいませ。



by batmci | 2018-08-04 16:06 | バイク | Comments(0)
2018年 08月 02日
Moto Devil 160
1950年代イタリアはベルガモにあったメーカーMoto Devil その中核モデル160Sportのご紹介。
a0208987_14475788.jpg
a0208987_14481364.jpg
ミラノから東に50Kmほどの城塞都市ベルガモといえばMoto RUMIが有名ですが、そのRUMIと同じベルガモにあったメーカー
O.C.M.A.-Devil S.p.Aで作られたのがこのDevil 160 Sportです。 O.C.M.A.-Devil S.p.Aは1953年から57年という僅かな間しか存在しなかったため、あまり多くの車両が残っていません。

a0208987_14482745.jpg
a0208987_14502583.jpg
2st160ccのエンジンはこの時代のイタリアン2ストロークに多く有った作りで砂型鋳造のケースや鉄シリンダーがしっかりした作りで、4速のギアボックスはストロークが長いながらもカチッとしたギアの入りで独特の感触です。エンジンのフィーリングはクランクマスのあるトルクフルで一発一発がはっきりした感じの回り方のエンジンです。

a0208987_14503536.jpg
キャブレターは定番のUB、口径は24mmと160ccとしては比較的大径の物が使われています。
エアフィルターはオイル飛散防止に2ストロークには多くつかわれています。

a0208987_14505161.jpg
イタリア車らしいマフラーカッタ―からは歯切れのよいエキゾーストを奏でます。

a0208987_14510314.jpg
トップブリッジ後端に付いたハンドルのレイアウトはこの当時のイタリア車で良く用いられたレイアウトです。

a0208987_14511552.jpg
Moto devilの鋳出しがあるチョークレバー。ステアリングダンパーノブのデザインもオリジナルです。

a0208987_14512582.jpg
a0208987_14515925.jpg
ドーム型レンズのスピードメーターはイタリア車ではなかなか見ることが無いデザインです。

a0208987_14514514.jpg
タンクのデザインは比較的あっさりしたデザインですがそこはやはりイタリアン、絶妙なカーブで可愛らしい造形です。

a0208987_14520920.jpg
a0208987_14513613.jpg
シートもイタリアンらしく赤/黒のツートンです。

a0208987_14522004.jpg
テールランプはドカティなどと同じかまぼこ型のCEVを使っています。ただ、ステーのデザインは独特でそれがDevilらしさになっています。

a0208987_14523150.jpg
a0208987_14524206.jpg
一見それほど特徴のないバイクにも見えますが、細かいディテールは凝っていて、エンジン以外のホイルや細かい部品まで自社製にこだわった造りはなかなか個性的です。この時代のイタリアンらしい乗り味を是非味わってみて欲しい一台です。



by batmci | 2018-08-02 12:08 | バイク | Comments(0)